<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
C5TOUR2013 第12回鳥取ボルダリングフェスティバル リザルト
「大会報告」

第12回鳥取ボルダリングフェスティバル ご参加のみなさまへ

本年も60名を越える多くの選手にご参加いただきありがとうございました。

 近年はボルダリング人気もあり、本大会では「ユース」のカテゴリーが最多の参加になりました。大会では子供達の真剣な登りと元気な登りに混じり、中高生や大人たちの洗練された登りが見られ、とても雰囲気のいい大会となりました。
 今大会ではセッターの瀬戸と高田の想定レベルを上回る選手レベルでなかなか優勝者が決まらない場面も見られ、改めて近年のクライミングの成長のスピードに驚きました。そしてこの大会に参加した選手の中から世界で活躍する選手が輩出される可能性も強く感じました。参加者の年代も幅広く、クライミングを通してたくさんのクライマーの交流の場になり、中国地方をはじめとする西日本のクライミング界を盛り上げるパワーになってくれることを期待します 。

 大会の方では男子で昨春に高校を卒業した河島君が高校生の安本君・錦織君の追い上げを振り切り見事に初優勝。決勝第2ラウンドの完登シーンでは今大会一番の盛り上がりをみせました。女子では、広島の錦織さん・鳥取の山口さん・古川さんがスーパーファイナルまで全完登し、スーパーファイナルを1撃した錦織さんが見事に優勝しました。チャレンジでは岡本選手と中田君がSFでも決着できず、両者の優勝。岡本選手のパワフルな大人の登りと中学1年生の中田選手の軽くてキレのある登りは素晴らしかったです。ユースクラスでは 岡山の島村君・広島の千原君がスーパーファイナルとなり、千原君がダイナミックな登りで優勝を決め、キッズクラスでは河上さんと五百蔵さんが優勝。かわいくて大人顔負けの登りで会場を沸かせてくれました。このようにすべての選手による熱のこもったクライミングのおかげで楽しく盛り上がる大会になったと感謝しております。ありがとうございました。

 最後にご準備いただいた役員の皆様、協賛いただいたモンベル様、フロンティアスピリッツ様、エムファクトリー様、重ねてお礼申し上げます。

 来年は、さらに楽しい大会運営、そして内容の濃い課題を準備してお待ちしております。また、鳥取でお会いしましょう!!
c0076435_16153994.jpg


→リザルト(PDF)

→大会写真
[PR]
by c5tour | 2013-12-02 19:54 | C5TOUR2013シリーズ